2005年12月19日

愛犬キャンディ

先週の金曜日。
実家の愛犬キャンディが危篤状態だと寝起きざまに電話口で言われ、
放心状態になったあと大泣きで涙が止まりませんでした。

もう14歳になるからそろそろだろうとは思っていたのだけど、
「腰がもう抜けたようになってなー・・・エサも食べへんし、年越せへんかもしらんから」
と伝えられ、これはもう居てもたってもいられずもう2度と会えないなんて絶対イヤ!!
でも今日アップの仕事3本あるしどうしよう、号泣・号泣でしょうがない状態でした。
とはいえ、絶妙なタイミングで山を乗り越えていたので、
あと少し手を加えれば仕事終わる!

何が何でも実家(三重県)へ帰るしかないでしょう。
泣きながら仕事を終わらせていざ品川から新幹線、深夜実家に到着。
キャンディはぐったりとして目も虚ろ、けどこのまま死に行く感じがしなかったんです。

一緒に横になって夜中じゅうずっと背中を撫でてあげたり話かけたり、
そういう風にしてたらふと一瞬眠りにおちて、夢にキャンディが現れました。
「大丈夫やで(やっぱり三重弁)」とテレパシーのような会話をしたんですね。
いや、笑われそうだけど、ほんとにそんな夢をみたの。

051217_candy.jpg

で、朝。
水を飲んでたから、ごはんも食べるカナと口元へ持って行ったら
ペロペロ舐めて、そのうちハグハグ食べ始めて、
ああ!!食べた!!と明るい兆し!
そのあと外に出たそうだったので思い切って散歩に連れていくことに。
てくてくと気の赴くままに歩かせ、
午後は一緒にこたつに入って2人してグーとお昼寝。

そんなこんなで元気さを取り戻してくれて、年越せそうです。ヨカッタ^^
知り合いの方の愛犬で、19年大往生したコもいるようです。
うちのキャンディちゃんもまだまだ元気に長生きして欲しいです。


posted by maru at 20:59| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よかったですね、実家に飛んで帰った気持ちよくわかります。犬にもその気持ちが伝わったのでしょうね。
Posted by tanaka at 2005年12月19日 21:21
よかった(TT)
Posted by 通りがかりのおっさん at 2005年12月19日 23:40
tanakaさん、通りがかりのおっさん(ご無沙汰です*)、
コメントありがとうございます(´ー`)

モーリー達は美的に好き、
クロエは友達の感覚(クロエ最新ニュースあり)、
キャンディは妹のような存在です。

キャンディ今頃ぐーぐー寝てるかしらん。早く会いたいなあ
Posted by maru at 2005年12月20日 03:09
俺は愛犬の死に目にあえなかったんだよー涙、
よかったね〜。

Posted by じゅんじ at 2005年12月20日 17:18
じゅんじくん、
コメントありがとう^^
そして愛犬ちゃん、ご愁傷さまでした、、
でも、魂はなくならないものだって言うから、会いたいときにはいつでも会えると思うよ^^
Posted by maru at 2005年12月20日 20:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。