2006年02月22日

モーリーモーリー

060222_01.jpg

モーリーにお薬を塗るとき、
ビバリウムの中でも塗り易い、良いポジションにいるときは良いのだけど、
奥に隠れているときは(まあ殆ど隠れてるけど^^;)申し訳ないけど
モゾモゾとモーリーを捕まえて、手に収めてヌリヌリします。

カエルにとっては「スキンシップ」なんていう概念はないため、
モーリーからすれば多大なストレスかもしれないけど・・・1日1回は塗ってあげないと
やっぱり気になってしまうんです。

無事に塗り終えてビバリウムに帰すとき、
先日テノッチに捧げたラナンキュラスの蕾が満開になっているので
ちょっと載せてみました。

060222_02.jpg

いつも緑や茶の中にいるから、やわらかい暖色の中に埋もれると
彼の体はさらに映え、まざまざとお花に負けない、
その美しい固体を見せつけられるのでした。

存在感あるなあ。
posted by maru at 00:21| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ヤドクガエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
傷の治り具合は順調?
Posted by モップちゃん at 2006年02月22日 08:48
うーん、まだ何とも言えない状況。。
もうすぐ1週間経つんやけどね。
ただ、エサは食べていて痩せてもきていないので、
後はただただ白い腫れ物が無くなるのを願うばかりってところです。
Posted by maru at 2006年02月23日 01:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。