2006年08月14日

ルイサ、が、しんだ

出かけさきから帰ってくるとルイサが仰向けになっていました

いつも四つんばいになって動いているのに
どうやったらこういう風にひっくり返ることができるんだろう

近くにモーリーがいて、私に気づいて向こうへ跳ねたとき
ルイサの足がビクンって動いたから「だいじょうぶだ!」と思って
(前にもテノッチがひっくり返ってたことがあったから、)
状態を元にもどしたのだけど

頼りなくブロメリアに寄りかかり
最後にもう1回ピクンって動いてから

そのまま

動かなくなりました



私が帰ってくるまで待ってたのかもしれない
最後の挨拶に

ルイサ



亡骸はテノッチと同じ
今は朝顔がぐんぐん成長しているプランターへ


ああ
posted by maru at 23:50| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | ヤドクガエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、残念ですね。なんども腹を上に死んでいる所を見たことがあるヤドクキーパーならぬヤドクキラーのtanakaです。我が家ではひっそりと影で死ぬのではなく、よく見える場所で死んでいる場合がよくあります。飼い主に何かを訴えているのでしょうか?
Posted by tanaka at 2006年08月15日 06:49
うう、tanakaさん、、、
モーリーも同じ環境下で生活しているのに、
彼は変わらず元気なのはなんでなんでしょう
もちろん、元気でいてくれるのはとっても嬉しいことなのですが、、、
最後にルイサは何かを訴えた、と思っています
Posted by maru at 2006年08月16日 00:48
最後の挨拶ができて、本当によかったですね。
悲しむよりも、楽しい時間をありがとう。と。
Posted by 通りがかりのおっさん at 2006年08月16日 12:44
おっさん、
ありがとうございます。
テノッチも一緒に眠っているので、今頃2匹で
コオロギをあちこちで探していることでしょう
Posted by maru at 2006年08月17日 01:27
残念です・・・・
実は我家でもラマシー2匹をほぼ同時に☆にしてしまいました。
私の場合は管理ミスが原因ですが。
小さな生き物の飼育は難しいですね。
Posted by たーさん at 2006年08月17日 09:27
たーさん、
そうでしたか、あんなに元気そうだったラマシーさん☆になってしまいましたか、、
ルイサ、最後の方は痩せていたので栄養が足りなかったのかな、、と考えたり。
一度体調を崩すと持ち直しが難しいです、モーリーはこのまま元気にいてほしいです。
Posted by maru at 2006年08月17日 10:40
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 17:30
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22351266

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。